メディア報道

2018年

時間外勤務の手当支払い求め小学校教諭が県を提訴 埼玉【産経新聞2018年9月25日】

教員の心身削る「長時間労働」 過去の裁判が「直ちに違法ではない」とした事情【弁護士ドットニュース2018年11月5日】

教員「働かせ放題」許せず提訴 定年間際「次世代に引き継げない」と覚悟の裁判【弁護士ドットニュース2018年10月28日】

「私の仕事は、残業代を出すことに値しないのか」 公立小教員の訴え〈全文〉【弁護士ドットニュース2018年12月14日】

埼玉教員残業代訴訟 「義務ない」、県は争う姿勢【産経新聞2018年12月15日】

残業代払ってほしいと陳述 埼玉・教諭の口頭弁論開始【教育新聞2018年12月17日】

現役教師の裁判が投げかける、教師の残業の特殊な事情【Yahooニュース妹尾昌俊2018年12月19日】

小学校の先生が埼玉県に「残業代」請求、わざわざ裁判を起こした理由【ダイヤモンドオンライン2018年12月27日】

2019年

親と先生682人の本音 親の過干渉 残業代ゼロ…【TBS系列「林先生が驚く初耳学!」2019年2月3日】

対談 給特法と教師の仕事 現職教師からの問題提起【教育新聞2019年2月5日】

埼玉教員残業代未払い訴訟 県側に「自主的勤務」の根拠、説明求める【産経新聞2019年2月23日】

なぜ小学校教諭は「残業代ゼロ円」なのか。定年直前なのに埼玉県を訴えた理由【プレジデント・オンライン2019年3月11日】

『大竹まことゴールデンラジオ』【文化放送2019年6月17日】

「先生の自由、急激に奪われている」残業代裁判で本当に訴えたいこと【withnews 2019年06月27日】

2020年

多忙化と戦う~田中まさお先生インタビュー【EDUPEDIA2020年1月10日】

2021年

人間を育てる教員に、人間らしい生活を【CALL4ドキュメンタリー2021年4月14日】

みんなのために起こす裁判 田中まさおさんの場合【NHK『マイあさ!/三宅民夫のマイあさ!』2021年06月29日】

教員残業代訴訟 訴え退けるも“法律 実情合わず”さいたま地裁【NHK2021年10月1日】

公立校教員の残業代訴訟、請求を棄却 さいたま地裁【毎日新聞2021年10月1日】

教員の残業代支払いめぐる訴訟、原告の請求退ける さいたま地裁【朝日新聞2021年10月1日】

教員残業代「もはや教育現場の実情に合わず」さいたま地裁判決 男性の請求は棄却【東京新聞2021年10月1日】

公立小教諭の残業代認めず 「給与体系見直しを」―さいたま地裁【時事通信2021年10月01日】

教員給与に裁判長が異例の苦言「もはや実情に適合しないのでは」【朝日新聞2021年10月1日】

埼玉公立小教員の残業代請求訴訟、請求棄却 裁判長「給特法はもはや教育現場の実情に適合していない」【弁護士ドットコム2021年10月01日】

教員残業代未払い訴訟、原告側請求棄却 さいたま地裁【2021年10月2日TBSニュース】

2022年

教員労働の「本来的」を問い直す――埼玉教員超過勤務訴訟判決の批判的検討 【現代思想2022年4月号】

公立小教員の残業代訴訟、控訴審が結審 判決は8月25日【弁護士ドットコム2022年5月26日】

『教員の生活時間侵害が問題 埼玉超勤訴訟で専門家が意見』【教育新聞2022年5月26日】

ジュリスト【2022年5月号】